サロンで行われる光脱毛

HOME > 光脱毛の仕組み

光脱毛の仕組み

どうやって毛が無くなるの?


脱毛って、本当に毛が無くなるのか疑問に思ったことありませんか?


サイトの画像では、機器を肌に当ててるけど、それだけでムダ毛が無くなるの?
脱毛サロンで脱毛ってどんなことをするの?
など、脱毛の仕組みが気になったことありませんか?

確かに不思議ですよね。
カミソリや毛抜き、除毛クリームなど自己処理をする時は毛を直接取り除く行為をするから
毛が取り除かれる瞬間が見るけど、
脱毛サロンではどうやって毛を無くしてるのか気になりますね。
 

光脱毛


脱毛サロンで脱毛に使われてる機器は、光脱毛と言う方式の機種を使ってます。
お店によって、IPL、フラッシュ、SSC、GTRなどの表現をしてますが、
それぞれに細かな違いはありますが、基本的には同じ光脱毛になります。

仕組み


光脱毛では、毛の成長期のタイミングに合わせて、毛根に特殊な光を当てることで
その光のエネルギーで毛根にダメージを与え毛を弱らせるという仕組みです。

毛周期

毛はずーっと生えてるだけでなく、毛周期というのがあり、
毛が生え伸びてゆく「成長期」、抜け落ちる「退行期」
抜けたまま毛が生えない「休止期」のサイクルを繰り返してます。
光脱毛では、毛が活発な成長期に合わせておよそ2ヵ月に1回の間隔で光を照射して
毛にダメージを与えることで毛を弱らせ毛が生えにくくしてます。


 

ほくろは無理?


脱毛の簡単な仕組みはわかったと思いますが、デメリットもあります。
毛の部分に照射する光の性質上、黒いものに反応するようになってます。
なので、肌の黒い部分、ほくろにも反応してしまいす。
すると光を浴びたほくろは痛みを感じるなどの刺激が与えられます。
なのでほくろがある場合の脱毛を行う時はほくろを隠して行います。
黒いと言えば肌が黒くなる日焼けがあります。
このような場合、反応しないようにスタッフさんが照射力を弱めるなどの
調整をするので、ムダ毛に対するダメージが弱くなり効果が得にくい事があります。
 

光脱毛が選ばれる理由


医療レーザー脱毛と比較した場合、効果などで差がつけられてしまう事がありますが、
光脱毛にもメリットはあります。
光を照射した時の痛みが少ないのが大きなメリットで、ムダ毛は全身に生えてますが、
場所によって、痛みを感じやすい部分があり照射時の肌の痛みは人によって
我慢できない方もいます。
しかし光脱毛では、ほぼ無痛と言われてるように痛みを感じにくいので、
個人差はありますが、痛みに弱い部分や苦手な方も我慢できるレベルです。

一度に照射する範囲が広いので、1回の施術時間が短く施術にかかる時間のストレスも抑えられます。

料金は直接関係ある事ですね、光脱毛は1回あたりの料金が安いので、
部分脱毛で1回、数百円といったメニュープランを用意してるサロンもあります。

 


PAGE TOP